相続Q&A

専門家に依頼するメリットは、何ですか?

①公平な第三者によって冷静に執行できる
②専門的な手続きを処理できる

という点です。
遺言は、相続人が実現することもできます。
しかし、相続人が複数になる場合、相続人同士が遺言の内容について相反する利害関係を持つこともあります。そうなると、相続が遺言通りにスムーズに実現することが難しくなりがちとなります。
さらに、役所への届出は必要や不動産の所有権移転登記・銀行口座・株券等の名義書換など、様々な専門知識を必要とすることが大変多くあります。

そこで、遺言を保護し、実現するためには、遺言に利害関係のない、かつ専念知識を有している公平な第三者遺言執行者として定めて実現することが、大変重要になります。

専門家たる司法書士に依頼するのは、この二つのメリットを満たすものです。

遺言執行者の選任のメリット
手続き 深い専門的知識を必要とするものでも、遺言執行者が責任をもってとり行います。
安定性 遺言執行者が選任されると、相続人には相続財産の処分権限がなくなるので、勝手な処分(隠れて売り払うなど)ができなくります
法廷 相続手続に関して異議をとなえる者が出てきても、遺言執行者自身が、「当事者」として裁判を争うことができます。