相続Q&A

相続手続は、いつまでに終わらせればいいですか?

相続の開始を知った時から3ヵ月以内です(熟慮期間)

相続の様々な手続きは、自分のために相続開始があったことを知った時(故人が死亡したのを知り、自分に相続権があることが分かった時)から3ヵ月以内が原則です。
この3ヵ月以内に、相続に関する綿密な調査をして、相続の方針を決定します。この3ヵ月を熟慮期間といいます。

この3ヵ月以内に何もしないと、その相続を承認したものとみなされます(法定単純承認。詳しくは、「Q&A~相続放棄」参照)。

ですが、3ヶ月では調査や決定をしきれない、という場合、家庭裁判所に熟慮期間の伸長を申し立てることができます。