相続手続の流れ~メニューリスト

相続人がいなかった場合

■債権者や遺贈を受ける方は-
被相続人から遺贈を受ける方(受遺者)債権者の方は、相続人がいれば、相続人に対し、贈与や債権の回収を請求することができますが、相続人がいなかった場合、請求する相手がいません

そこで、相続財産管理人の選任によって、贈与や債権回収を相続財産から実現することができるようになります(Q&A~相続全般参照

nagare_souzoku