相続トピックス

新型コロナウイルス禍から1年、両親の経験を振り返ります

新型コロナウイルス(COVID-19)の存在が分かり、日本に広まり始めたのは2020年(令和2年)の1月ころからだと思います。
対岸の火事だったものが、あっという間に日本という国と社会を変化させ、それによって、高齢者の看護・介護の成果は大きく変わってしまいました。
筆者は、両親の病気と看護、そしてその後の介護を通じて、その様々な変化を経験しました。今回は、筆者の父について、その経験に基づき、時系列でこの1年を振り返りたいと思います。

筆者の父と母が、このコロナ禍の時期に重なって看護・介護が問題になったため、父編、母編に分けてお送りします。高齢者のご家族がおられる方は、是非、両方とも最初からご覧くださいませ。

筆者

相続コンサルタント
M&Aシニアエキスパート
所員プロフィールへ

小川博志

小川博志

監修

大阪西天満司法書士事務所
代表司法書士
所員プロフィールへ

司法書士 貝塚尚子

貝塚尚子

2020年5月-母、突然倒れる

5月-母が倒れているのを発見される

父が1月に入院してから、母は、家の中であまり動かなくなってしまいました。
やはり、父がいないと、動く用事が減ってしまい、また話し相手もいないのでテレビの前に座ったままでいることが増えていったのだと思います。

しかし、これがいけませんでした。
母は、椅子に座りっぱなしの状態からでしょう、エコノミークラス症候群の状態になって膝に血腫ができ、それが肺に飛んで肺塞栓症を引き起こし、2階に上がる階段で倒れているところを私の妻に発見されました。

すぐさま、行きつけの大きな病院に入院することになりました。

結局、1か月弱入院しました。

この時は、あまり気にしていませんでしたが、少し認知症が入り始めていました。

2020年11月-転倒し、また入院

10月、朝に血まみれの母が!

10月になって、朝、私が母を見に行くと、血まみれになって床に座り込んでいました。
ベッドから起き上がるときに転倒し頭をぶつけて切ってしまった、ということでした。

すぐさま、救急車で運ばれることになりました。

頭の傷よりも重い病気

頭の傷は5針ほどを縫うものでしたが、病院としては、頭の傷だけだったら帰宅させるつもりだったそうです。

問題は、横紋筋融解症を発症していたことでした。

筋肉の中の横紋筋が、長時間の強い圧迫を受けて溶け出し、腎臓に直撃してしまうという危険なもので、あの阪神大震災の時にこの病気で多数の人が亡くなったと聞いていました。

この治療が2週間、その後弱った足腰のリハビリでさらに1か月ほど入院しました。

退院後、要介護度の見直しへ

退院後、足腰の力は、もう完全に戻ることはないことがはっきりしました。

また、認知症も進み、日常生活で新たに覚えられることが、かなり少なくなっていました。

自宅での介護も相当サポートが必要になることは明白でしたので、ケアマネージャーさんと相談し、要介護度の見直しを市にお願いし、結果、要介護3に認定されました。

家での介護もかなりのものになりつつあったため、特養老人ホームの入居先を探し、一か月の多くをショートステイで過ごしてもらう日々が始まりました。

申し込んだ特養老人ホームから電話が!

年明けに、申し込んでいた特養老人ホームさんに事務手続きでお願いしていたところ、その返答とともに、

「お母様、『お急ぎ』ですよね?」

と言われ、突然入所が決まりました。
これは大変ありがたいお申し出だったので、すぐにお願いし、訪問・聞き取りなどの手続きののち、2021年4月に入所が決まりました。

本当に突然で、大変ありがたかったです。

2021年3月-母にも新型コロナウイルスの魔の手が迫る

3月~ショートステイ先で新型コロナウイルス患者が!

特養老人ホームに入居するまでは、自宅とショートステイとで介護をお願いし、自宅から特養老人ホームへ入居してもらうという段取りになりました。

ところが。
ショートステイから帰宅する予定になっていた日に、施設から連絡があり、母と同じフロアに滞在している利用者さんの中から、帰宅後発熱され、PCR検査の結果、新型コロナウイルスの陽性反応が出たということでした。

市の保健所の判断により、濃厚接触者に認定され、施設に12日間、強制隔離のために滞在が延長されることになりました。

これで、老人ホームへは、何事もなければショートステイ退去の日にそのまま入所となり、もし陽性反応が出たら、入院その他確実に入居できる状態になってから、という条件付きになってしまいました。

何度かのPCR検査も陰性!

その後、複数回のPCR検査の結果、いずれも陰性だったので、予定通りの退所と特養老人ホームへの入居が決まりました。

結局、母と同じフロアの利用者さんから複数名、新型コロナウイルスの陽性者が出たとのことで、母は本当に強運の持ち主だったと思います。

※注:施設の方々には感謝しています

父の病院、老健や母がお世話になっていた様々な介護施設における新型コロナウイルス感染問題につきまして、筆者は、介護施設とその職員の方々に対し、非難するつもりなど毛頭ありません。
介護をしていただいている上に、施設の方々にかかる新型コロナウイルスのさらなる負担は計り知れないことを考えると、施設等の方々には感謝しかありません。仮に、新型コロナウイルスを含めた感染症により命を縮める結果になったとしても、それはどうしようもなかったことだと考えています。
いつも本当にお世話になり、誠にありがとうございます。

小川博志

筆者・小川博志

2021年4月、特養老人ホームへ入居

面会はガラス越しのみ

予定通り、母は、特養老人ホームへに入居しました。

入居でも限定された部屋しか入れず、また、やはり直接面談は不可能で、分厚いガラス越しに電話でお話する、ということしかできない状態になりました。

2021年10月現在-

2021年10月現在、新型コロナウイルス対策のため、母のしせつも面会謝絶状態です。

この状況は、今後もまだ変わらないと思います。

コロナ禍から得た相続対策への教訓

父のみならず母までも新型コロナウイルスの影響が及んだ

母の入院から施設への入所まで、とにかく新型コロナウイルスに邪魔され、通常よりも不安と慌ただしさが際立つ状態に置かれ、誠に疲れました。

まさか、筆者の父親のみならず母親までもが、こんな形で新型コロナウイルスに翻弄される事態になるとは、一切想像できませんでした。また、会えないことがこれほどにまで家族を分断することになるとは、想像が全くできなかったことです。

母の入所時、どんなお部屋かも見ることは、かないませんでした。これは、仕方がなかったと思います。

母もまた、新型コロナウイルスの濃厚接触者として隔離されました。
ここには詳しく書きませんでしたが、ショートステイ先で軽い発熱があり、病院をたらい回しにされた経験もあります(すぐに熱は下がり、NEAR方式のPCR検査でも陰性)。

老人介護のショートステイ施設では、出入りも激しいので、陽性だったお年寄りが、どこで罹ったのか全く分からなかったそうです。

このように、新型コロナウイルスが問題になると、家族と分断されてしまい、相続対策など不可能になってしまいます。

両親の経験を通じて、父親の介護問題も取り上げております。是非、父親編もご覧くださいませ。

新型コロナウイルスだけが「敵」ではない

母は、2020年11月の入院で大事には至らなかったのですが、のちの状態につながる、決定的なダメージを受けました。

一つは、足腰が大変弱ってしまったこと。そしてもう一つは、認知症が少し進んだことでした。

同じ高齢者でも、の場合は認知症の進みは現在もとても遅いのですが、足腰の弱さから施設への入所が早まった点では共通しています。母の場合は、入院によって足腰の問題と認知症の問題両方が一気に進んでしまったように思います。

何よりも心しなければならないのは、高齢者にとって、新型コロナウイルスだけが「敵」ではない、という点です。
母の場合、直接的には家で転倒したことが、その後の運命を決定づけました
高齢者が坂を転げ落ちるように衰えてしまうことがありますが、新型コロナウイルスよりもむしろ他の原因でそうなってしまうことが多い上に、今は新型コロナウイルスのせいで、家族が分断されてしまうことがさらに問題を大きくしているように思います。

相続対策は、施設に入る前が間違いなくタイムリミット

私の母は、半年間に2度の入院によって完全に足腰が弱り、認知症が進みました。そして、運よく特養老人ホームに入所できましたが、2021年10月現在、家族の面談ですら中々困難な状況です。

2021年現在、高齢者の病院・施設入居後は、相続対策はほぼ不可能に近い状態です。今後、たとえ施設に自由に出入りできるようになったとしても、そこまでに認知症が進んでしまえば、遺言書その他の相続対策など全く不可能になっていることも少なくないでしょう。

相続対策については、ご高齢になってきたら、本当に元気なうちに、少なくともせめて病院や施設に入る前までに終わらせるのが鉄則である、と痛感しました。新型コロナウイルスは、今回私たちにそのことを本当に強く思い知らせてくれました。

今回、新型コロナウイルスで面会すらできない状態になりましたが、それ以前に、病院や施設に入所することで、認知症が加速するということも視野に入れなければならない、ということを、私自身、家族の経験を通じてつくづく感じました。

こんなコロナ禍の世界では、だからこそ、今、できる相続対策はやっておくのが絶対必要だと思います。

最後に一言

今回は、私の母についての体験談をお話いたしました。
ご高齢の方々にも申し上げたいのは、遺言書を書こうと思っていたけど書けなくなってしまった、ということは、さらに年齢が上がれば上がるほど、起きやすくなっていきます。
遺言書その他の相続対策は、今、できるうちに、計画的に行うことが、何よりも大切であると本当に思います。

ここにお話しした内容は、ご高齢の親御様がおられる、どこのご家庭でも起きている現実と、さほど変わらないと思います。
ご高齢のご家族がおられる方々のご参考になれば幸いです。

小川博志

筆者・小川博志

新型コロナウイルス禍から1年、両親の経験を振り返ります

新型コロナウイルス(COVID-19)の存在が分かり、日本に広まり始めたのは2020年(令和2年)の1月ころからだと思います。
「あれは外国のお話」と対岸の火事だったものが、あっという間に日本という国と社会を変化させ、それによって、高齢者の看護・介護の成果は大きく変わってしまいました。
筆者は、両親の病気と看護、そしてその後の介護を通じて、その様々な変化を経験しました。今回は、筆者の父について、その経験に基づき、時系列でこの1年を振り返りたいと思います。

筆者の父と母が、このコロナ禍の時期に重なって看護・介護が問題になったため、父編、母編に分けてお送りします。高齢者のご家族がおられる方は、是非、全編を最初からご覧くださいませ。

筆者

相続コンサルタント
M&Aシニアエキスパート
所員プロフィールへ

小川博志

小川博志

監修

大阪西天満司法書士事務所
代表司法書士
所員プロフィールへ

司法書士 貝塚尚子

貝塚尚子

2020年1月-父、突然の入院

1月-デイサービスから連絡⇒入院

正月明け、当時両親が通うデイサービスに今年初めて利用させていただいた時、デイサービスから連絡があり、父(当時、要介護2)の体調が大変悪くなっている、酸素が90(%)との連絡があり、帰宅させて掛かりつけの病院に運んだところ、すぐに入院の必要があると言われ、別の大きな掛かりつけの病院に即入院となってしまいました。

看護・介護のご経験がある方はよくお分かりかと思いますが、酸素が90と言われた時点で、かなりの呼吸困難になりつつあるのは分かっておりました。結局、肺水腫、心不全と重度の肺炎が分かりました。

そして、入院後精密検査の結果、父の肺炎は間質性肺炎(国の難病指定)と診断されました。一時は生命も危ぶまれましたが、その治療開始後すぐに肺炎は消えてしまい、後は肺水腫を治療後、何とか帰宅できるのでは、という期待が持てるようになりました。

この頃は、まだ新型コロナウイルスが中国の武漢で蔓延しており、ロックアウトした、という程度の認識しかありませんでした。

1月末-インフルエンザに院内感染

病院から連絡があり、インフルエンザに院内感染し、高熱がある状態で、個室で隔離に入ったとの連絡がありました。
これ自体はよくあることですが、問題は寝たきり状態にされていることです。この時から、介護の仕事をしている筆者の家族からは、歩けなくなる可能性が高いことを指摘されていました。

結局、1週間以上、完全に隔離され、入院時から考えて1ヶ月、寝たきりにされていました。
治療のために仕方がないことではありますが、これが、その後の運命を変えていくことになりました。

2月-家族が1人入室に限定される

治療が続行中、2月になって、入室は3分以内に限定され始め、後に病室に入室できるのは家族1人だけに限定されました。
この頃になると、クルーズ船集団感染を初めとして、市中感染が認められるようになり、日を追うごと、週を追うごとに日本国内で新型コロナウイルスの感染が恐れられるようになっていきました。

当然ですが、父がどのように過ごしているか、どんな様子なのかは、短時間しか見られず、場合によっては治療中で部屋にいないこともあり、把握できなくなっていきました。

この頃を期に、病院は、かつて見られなかったような閉鎖的な施設へと変貌していきます。

2月末-ついに原則全面的面会謝絶へ

2月末、治療を終えた父は、リハビリ病棟へ移され、体力の回復のためのリハビリを受けるようになりました。

この時、既に90歳手前であったため、そのリハビリ状況を知りたいと思いましたが、リハビリ当初、病院は全ての病棟について、原則面会謝絶とし、物資などの届け物はナースセンターのみとされることになりました。

これにより、筆者ら家族と父とは完全に会えない日々が続くことになりました。

3月-要介護度変更と退院

3月、父の要介護認定の変更と退院時期が問題になりました。

リハビリ病棟というのは、入院期間に限定があり、60日が限度となっています(いわゆる60日ルール)。ですので、病院、ケア・マネージャーさんと筆者ら家族が、父がどのような状態であるのかを確認しつつ、今後の介護方針を決めなくてはなりません。

そこで、特別に1日の、それも1時間ほどだけ、父のリハビリ状態の確認と、今後の方針を決めるために病室やリハビリ施設への入室が許可されました。

父の状態は、寝たきりになったことがやはり重くのしかかり、想像以上に足腰が弱り、自宅での自力での生活は困難になりました。また、専門家からは以前の体力までは回復が困難と判断され、要介護認定の変更と、施設への入所を方針としました。ただ、一旦自宅に帰るのは介護は非常に難しく、直接、施設へと移さなければならないということになりました。

要介護度も決まり、介護老人保健施設(いわゆる老健)に入所する事か決まりました。

2020年3月-老健入所

コロナ禍での老健

介護老人保健施設(老健)に移ったものの、面会については、

①直接面会の禁止
②事前申し込みによるZOOMでの面会

というルールになりました。しかし、ZOOM面会も、平日の限られた時間帯のみとなり、中々面会ができません。
※2021年9月現在も、状況は全く変わっていません。仕方がないので手紙を送るなどをしています。

老健は、リハビリ施設であるため、適度な運動による機能保全はあるものの、何しろ90歳近い老人であるので、適度な面会をしたかったものの、それも許されない時期が続きました。

2021年1月-新型コロナウイルスの魔の手が及ぶ

入所後、平和に暮らしていた父でしたが、ついに、老健にも新型コロナウイルスの魔の手が及びました。

1月中頃、施設の職員さん1人が発症、新型コロナウイルスのPCR検査の結果、陽性と診断されました。

問題は、この陽性となった職員さんは、父が入居しているフロア担当だったことです。

問題はここからです。新型コロナウイルス、というより感染症に対する老人の介護施設の弱さが浮き彫りになっていきました。

※注:施設の方々には感謝しています

筆者の両親がお世話になっていた、様々な病院・介護施設における新型コロナウイルス感染問題につきまして、筆者は、施設とその職員の方々に対し、深く感謝しております。非難などするつもりは毛頭ありません。
父が入所した時、当時はマスク不足が全国で蔓延し、この施設でも勿論そうでした。私が入所当日だけ入らせていただいた時、そんな中で最大限の努力をされていることをこの目で見てまいりました。
介護をしていただいている上に、施設の方々にかかる新型コロナウイルス感染防止の負担は計り知れません。施設等の方々には感謝しかありません。仮に、新型コロナウイルスを含めた感染症により命を縮める結果になったとしても、それはどうしようもなかったことだと考えています。
施設の方々にはこの場をお借りして御礼申し上げます。
いつも本当にお世話になり、誠にありがとうございます。

小川博志

筆者・小川博志

1月末~2月-燎原の火のごとき感染爆発始まる

新型コロナウイルス陽性の第一報を筆者が聞いた時には、陽性は、父と同フロアで職員の方1名と入居者12名だったものが、その2日後には、公式発表では入居者20名程に膨れ上がりました。

さらにそれからどんどん増え、結果的には職員・入居者合わせて30名を超す人々が陽性者となりました。

これは、施設側が怠慢だったという訳では決してありません。私が見学していた体制でも、相当厳格に守られている状態でしたから、本当に頭が下がる思いです。
何より、筆者のかかりつけ病院や、他の介護施設に関わる医師の方々にお話を聞ける機会があり、本来この時期に増える筈のインフルエンザや肺炎球菌の患者が、この1年、ほとんど出てこない(国の指標でも撃滅状態)、という医療現場の意見が一致していたので、あのような防御体制でも防ぎきれないほど、新型コロナウイルスの感染力と高齢者の発症力の高さがハッキリとしていたのです。

※ちなみに、この施設は病院併設型でしたが、病院の方でも入院患者から新型コロナウイルス患者が出て、その後も度々陽性となった入院患者が出ていました。

父は、PCR検査を2回受け、陰性でした。昨年の入院時の肺炎から、もし陽性となれば間違いなく重症化すると考えていたので、その点ホッとしました。
考えてみれば、昭和一桁のしぶとさか、はたまた強運の持ち主なのか、よく避けられたものだと思います。

その後、感染者が出たフロアは完全隔離、職員同士すら完全に接触を断絶、その他のフロアでも、各入居者は自分の部屋に隔離され、同フロアでの交流も不可、ZOOMでの面会もできない有様になっていました。

もはや文字通りの籠城状態でした。

2月後半~終息宣言

2月初頭、さらに1人の入居者の方が陽性になったため、父は3回目のPCR検査を受け、陰性が判明。その後、すぐ終息宣言となりました。

この1ヶ月、父の施設は、見えない敵から入居者を守るため、懸命に努力を重ねてくださいました。
本当に感謝しています。

5月末と6月~ワクチンの集団接種が始まる

5月末および6月に、施設からワクチンの集団接種を2回、施設内で行ったことが報告されました。

その影響もなく、令和3年6月現在、つつがなく生活できているとの事です。

2021年9月現在-

2021年9月現在、全く状況は変わっていません。
相変わらず、病院、老健、特養老人ホームなどで直接の面会は禁止の状態が続いています。

この状態が、2019年以前に戻るのはいつの日になるのか-
誰にも分らない状況が続いています。

コロナ禍から得た相続対策への教訓

まさか、自分達の近くでコロナとは-

入院から施設への入所まで、とにかく新型コロナウイルスに邪魔され、通常よりも不安と慌ただしさが際立つ状態に置かれ、誠に疲れました。

まさか、筆者と筆者の家族が、こんな形で新型コロナウイルスに翻弄される事態になるとは、一切想像できませんでした。また、会えないことがこれほどにまで家族を分断することになるとは、想像が全くできなかったことです。

父が入所した時に、施設内に特別に入らせていただきました。その時には既に、新型コロナウイルス感染に対する徹底した防御と、当時は物資の不足もあり、本当に頭が下がる思いだったことをよく覚えています。

父の場合、たった1人の職員の方の陽性から始まりました。スタッフの皆様とお会いした印象からは、きっとその方は、人一倍気を遣って生活していたに違いないということは確信しています。実際、感染ルートもよく分からなかったと聞いています。

介護施設の場合、接触なしに高齢者の介護をすることはできません。本当に避けられないクラスター感染だったのです。今後も、新型コロナウイルスの感染を完全に避けることは不可能でしょう。

自分たちは大丈夫などという油断には何らの理由もない、決して楽観してはいけないのだ、と強く感じました。

2021年9月現在、ワクチン接種こそ進みましたが、このウイルスの全貌を把握している人は、まだ世界のどこにもいません。高齢者や施設に対する危険性は、まだ変わっていないと考えておくのが妥当ではないでしょうか。

高齢者は急激に衰えることが起きる

確かに、高齢者にとって今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は強力かつ危険なウイルスですが、高齢者と施設にとって危険な感染症というのは他にも色々とあります

私の知己は、ご一家で新型コロナウイルスに感染し、90歳代のおばあちゃんが、その入院をきっかけに歩けなくなり、よく多くの介護が必要になったという事例も確かにありました。反面、私の父の場合、他の重篤な病気とインフルエンザの院内感染が、体力と機能低下の直接的な引き金になっています。高齢者にとって、新型コロナウイルスだけが「敵」ではないのです。

ですので、高齢者は、新型コロナウイルスに限らず、様々な感染症や病気、怪我などから入院などを経て、一気に体力や体の機能低下、さらには認知症などへとスルスルと直結してしまうことがあることを、私たち家族は本当に肝に念じておかなければならないと思いました。

さらに、現在は新型コロナウイルスが、家族を分断するという問題もあります。会いたくても会えない状態になってしまいます。

父の施設入居後、自宅に残された母も、急激な変化が起きました。さらには、そののちまたも新型コロナウイルスに翻弄される事態になりました。これについては、別の記事で発表します。さらに、両親の経験を通じて、介護問題と相続対策についてまとめ編も発表しますので、是非、全編をご覧くださいませ。

相続対策は、施設に入る前が間違いなくタイムリミット

私の父は、病院に入院してから足腰がまず大変弱りました。そして、施設に入所してからは認知症が出始めました。そして、2021年9月現在、病院も介護関連施設も、家族の面談ですら非常に困難な状況です。

2021年現在、高齢者の病院・施設入居後は、相続対策はほぼ不可能に近い状態です。今後、たとえ施設に自由に出入りできるようになったとしても、そこまでに認知症が進んでしまえば、遺言書その他の相続対策など全く不可能になっていることも少なくないでしょう。

相続対策については、ご高齢になってきたら、本当に元気なうちに、少なくともせめて病院や施設に入る前までに終わらせるのが鉄則である、と痛感しました。新型コロナウイルスは、今回私たちにそのことを本当に強く思い知らせてくれました。

今回、新型コロナウイルスで面会すらできない状態になりましたが、それ以前に、病院や施設に入所することで、認知症が加速するということも視野に入れなければならない、ということを、私自身、家族の経験を通じてつくづく感じました。

こんなコロナ禍の世界では、だからこそ、今、できる相続対策はやっておくのが絶対必要だと思います。

最後に一言

今回は、私の父についての体験談をお話いたしました。
ご高齢の方々にも申し上げたいのは、遺言書を書こうと思っていたけど書けなくなってしまった、ということは、さらに年齢が上がれば上がるほど、起きやすくなっていきます。
遺言書その他の相続対策は、今、できるうちに、計画的に行うことが、何よりも大切であると本当に思います。

ここにお話しした内容は、ご高齢の親御様がおられる、どこのご家庭でも起きている現実と、さほど変わらないと思います。
ご高齢のご家族がおられる方々のご参考になれば幸いです。

小川博志

筆者・小川博志

監修者から一言

文章を読むと、彼がとても冷静に事態に対応し、スムーズにことが運んだように思われるかしれませんが、当時は、知りたい情報が入らなかったり、入ってくる情報が二転三転して振り回されたりと、大変でした。

高齢者に限らず、明日のことはわからないものですが、高齢になればなるほど、今日は健康で、しっかりしていても元気すぎてうっかり転んで骨折し、1日入院しただけで、異常行動をするようになった方もあります(私の遠縁のお婆様です)。

コロナ以前でも、冬はインフルエンザの流行で、施設ではしばしば面会禁止になっていたことも考えれば、「まだ早い」と思う時にこそ相続について考え、行動すべきなのだなあ、と思います。

司法書士 貝塚尚子

貝塚尚子

「遺言書がない!」ときにすべき2つの事

遺言書を残さずに亡くなってしまった…
というケースは、大変多くあります。
というより、相続が起きた時に遺言書がある方が、日本ではまだまだ少ないのです。

ご家族が亡くなった後、その相続財産について遺言書がないときは、相続人がすべきことは大きく分けて2つあります。

①遺産分割協議

1つ目は遺産分割協議です。まず相続人達で話し合い、

「誰が」「どの財産を」「どれだけ」引き継ぐか?

を決定する遺産分割協議を行い、遺産分割協議書に書面化する必要があります。

②遺産分割のための相続手続き

2つ目は遺産分割です。現物のまま引き取ったり、各種の相続手続きを行って現金化したり、名義変更を行い、遺産分割協議書の通り相続財産を分割することが必要です。
しかし、遺言書がない相続手続きは、非常困難になってしまいがちです。

それは、相続人に多大な労力と時間の消費が必要となり、ご家庭やお仕事にシワ寄せが来てしまうものになりかねないからです。

では、なぜ、遺言書がない相続の手続きは、非常に大変になってしまうのでしょうか?
今回は、相続手続きが大変になる「5つのハードル」「1つの大仕事」についてお話します。

この記事で学べること
①遺言書がない相続手続きの”5つのハードル”とは-
相続手続きの最後にする”大仕事”とは-
③遺言があるとどうなるか?-

相続手続きの「5つのハードル」と「1つの大仕事」

1.遺産の整理作業が大変!

預金・証券口座や不動産…相続財産の中身を確認・整理していますか?

相続発生後、遺産の分配や相続税の対象となる「相続財産は何か?」を明らかにしなければなりません。
そのためにご実家の資料を探して整理することが絶対必要です。 後から出てきて問題とならないよう、しっかりと整理しなければなりません!
預金などは、特に相続税との絡みで相続時の残高証明書なども取得しておく必要があります。
ただ、預金や不動産だけではなく、投資などの口座があることも少なくありません。
まずは、亡くなった親族様・親御様の最後のお住まいで、そうした見落としがないか、郵便物までよくよく調べておく必要があります。次項に挙げております、戸籍の取得後、相続人として金融機関等に財産開示を請求しなければ名ならないでしょう。

相続人のよくあるお悩み その1

実家から離れているから…

☆実家から離れて長いから…
①親が何をどうしていたか分からない
どこに資料があるかよく分からない
資料の整理に時間を多くはかけられない

実家から離れているから…

 

2.戸籍集めが大変!

生まれてから亡くなるまで1通残らず全部必要。もれなく集めていますか?

どの財産の相続手続きでも、まず誰が相続人か?が明らかでなければ、どんな金融機関や役所も、対応や手続きが行ってくれません。そこで、戸籍の調査・収集により、相続人を確定する必要があります。
戸籍は、原則として亡くなった方の生まれた時から亡くなった時まで全て必要一通でも足りなければアウト。全く前に進みません!
個人の場合、戸籍収集での役所とのやり取りが、とても大変な場合がかなりあります。

よくあるお客様の悩み その2

戸籍がこんなに大変とは…

銀行で「戸籍が『全部』必要」と言われて。でも、
役所は平日しか開いてない郵送も平日はムリ
戸籍が古くてよく読めなかった
親兄弟の戸籍を取るにも「委任状」?
そして、戸籍が来るのが遅い!!

戸籍がこんなに大変とは…

 

3.遺産分割協議書の作成が大変!

相続人全員の話し合いの結果、実印押印・印鑑証明書付きで作成していますか?

遺言書がなく、相続財産と相続人が明らかなら、印鑑証明書付き・実印押印がある相続人全員の遺産分割協議書の作成が必要です。そのためには、相続の内容について相続人全員の意思の一致絶対条件です。
これがなければ相続手続きは全く進みません!
話合いは進んでいますか?きちんと意思疎通はできていますか?

よくあるお客様の悩み その3

相続人はみんな忙しいし…

忙しいし疎遠な人もいるから…
どこにいるのか分からない
遠いため、中々会える機会がない
時間が合わず、連絡が取れない
話し合いが全く進まない

相続人はみんな忙しいし…

 

4.相続手続きが完全に個別で大変!

相続手続きは、完全に個別。金融機関や役所の手続きは一つ一つしていますか?

相続手続きは、相続財産ごとに一つ一つ個別に行う必要があります。 特に不動産は、法律の専門知識が必要な登記手続きをしなければなりません。
それら相続手続きは、求められる形式などはそれぞれ異なりますので、その一つ一つに個別にきっちり対応して申請・申立てを行うことが求められます!これが大変骨が折れることで、

よくあるお客様の悩み その4

個別に出向くなんて…

いちいち相続手続きをするには…
金融機関も役所も平日しか開いてないからあちこち出向くのがツライ
家の名義変更は、かなり専門的
郵送したが、不備で返却された

個別に出向くなんて…

 

5.相続税申告までに間に合わせるのが大変!

相続税の申告は、10か月以内。申告の資料となるよう、 全て整理できていますか?

相続税申告は相続後10か月以内に行う必要があります 。
相続税法改正後、多くのご家庭が申告対象となりました。 申告対象に入る場合、しっかりと準備することが求められます!

よくあるお客様の悩み その5

申告はどうすれば…

どうも申告が必要らしい…
10か月で相続手続きを自分でするのはムリだ
どんな資料が必要か分からない
いくらかかるのか分からない
税理士さんに知り合いがいない

申告はどうすれば…

 

これだけではありません!更に!

6.相続財産の処分や分配手続が大変!

相続財産の引渡、換価・分配。相続財産の換価の手配は? 相続人への分配は大丈夫?

相続財産は、不動産、その他の様々なものについて、そのままで引き取る、名義変更を行う、または廃棄または換価が必要です。
さらに、相続財産が換金された場合、相続人全員に連絡して、指定されたところに、きちんと分配・送金または引渡ししなければなりません!

よくあるお客様の悩み その6

昼間にはできない…

いざ分配・送金!となったら…
換価するのに色々な手配を…そんな時間が中々取れない
また一々連絡しないといけない
昼間に送金手続きは難しい

昼間にはできない…

まとめ-

遺言がない場合、

①「誰が、どの財産を、どれだけ相続するか」を決める(遺産分割協議)
②相続財産の手続きを行い、財産を分割する(遺産分割)

を行わなければなりません。
相続財産の手続きについて、実際は、特に相続手続きにおいて、5つの高いハードル、1つの大仕事が待っています。これだけのことを、正確に、相続人はしなくてはなりません。
これら全てを行うには、膨大な時間と労力が必要です。
相続手続きをご自分達だけで行おうとすることは、現役世代にとっては、過大な負担となります。

逆に言えば、遺言がある場合、相続人は、相続手続きにおいてすべきことは、ほとんどなくなります。

お子様がおられる方は、後のことも考え、財産の整備、相続税対策とともに、最低限、遺言を作成することは、本当に大切です。